>

車は個人で売買できる?やり取りの際に必要なものとは?

コツを知れば簡単?個人売買のイロハ

個人売買はトラブルが多い?注意点と回避方法

なぜトラブルが起きやすいのか?

便利な反面トラブルが起きやすいといわれる個人売買ですが、その理由をいくつかピックアップしていきます。まず身内や友人以外と取引をする時、信頼しすぎてしまう点です。車は高価な物ですし物によっては数百万円の取引をしますので、金銭の受け渡しは振り込みがほとんどです。振り込むと言われたので信頼したら音信不通になったと言うケースはよくある話です。
相手を100%信頼しない事、万が一を考えて書類を交わし、出来れば親御さんや配偶者など、本人以外の人ともコンタクトが取れる様にしておきましょう。
もちろん一連の流れを知りある程度の知識が無いと騙されても文句は言えません。自衛する為にも知識を付けて正しい判断が出来る様にするべきです。

トラブルが起きてしまったら

気をつけていたけれどトラブルが起きてしまった。焦って何も出来なくなってしまうのもわかりますが、ここは冷静になってまず状況を確認しましょう。どのタイミングでトラブルが起きたのかを分析するのが一番の解決方法です。そこから自分ではどうにもならないと判断したら、速やかに専門の機関へ相談しましょう。
この時に書類や録音など証拠と言えるものがあれば心強いですし、こちらが正しい事を立証出来ます。一番やってはいけないのが泣き寝入りです。アナタが悲しんだところでトラブルは解決しませんし、相手の思う壺です。
もちろんこちらのデメリットをわざわざ聞いてあげる必要も無いです。よくあるのが金利なしの分割払い希望と言われ、数回は振り込まれるもすぐにとまってしまい行方が分からなくなるパターンです。


このコラムをシェアする