>

車は個人で売買できる?やり取りの際に必要なものとは?

コツを知れば簡単?個人売買のイロハ

車の売買する方法を大公開

個人売買のメリット

人によってしやすい取引、そうでない取引がありますが個人売買の場合は、何といっても高く売れて安く買える点です。自分で自由に値段をつけられるので、ディーラーや民間業者の様に査定に出して金額をつけてもらう必要はありません。大切に乗ってきた車なのに著しく安い査定が出るとガッカリしますよね。
その反対に交渉次第で値引き出来たり、特典がついてきたりするのも個人売買ならではのメリットです。
それ以外にも仲介手数料や消費税などの手数料を省けるのでお得になりやすい、そして市場にはほとんど出回らないレアカーをゲットするチャンスでもあります。レアカーに乗っているオーナーは値段よりも、大切に乗り継いでくれるかを重視しているのがほとんどです。

個人売買のデメリット

値引き交渉や希望の値段に設定出来る個人売買ですが、その特徴が故にどちらかが損をする事もあります。そうならない様に何度も打ち合わせを行うのですが、それが手間だと感じたり面倒になってしまったりする場合もあります。
また十分な知識が無いので受け渡し時にトラブルが生じる、あるいは売却した後に故障した場合のサポート範囲を細かに決めておかなければなりません。これらのトラブルが生じた時に片方が音信普通になってしまう事も多いので、メリットばかりではありません。
打ち合わせや交渉を含めてこんなにも手間がかかるのなら、第三者を通して取引をした方が良いと考える方もいます。メリットだけでは無く、デメリットも熟知して判断していきましょう。


このコラムをシェアする