車は個人で売買できる?やり取りの際に必要なものとは?

コツを知れば簡単?個人売買のイロハ

車を個人売買するメリット・デメリット

大切に乗っていた車だけどそろそろ古くなってきた、または飽きてしまったので別の車に乗り換えたい。様々な理由で車を売却しますが、その場合どんな方法で売却しますか?
車を売買する場合ディーラー・民間企業・個人売買の3つに分かれていて、車の状態や自分のこだわりによって違います。ディーラーは売却ではなく下取りを名目している業者で、そのディーラーで車を購入する事を約束に今まで乗っていた車を下取りして、購入する車を値引き出来るのがメリットです。ディーラーは車を渡すだけで手続きをしてくれるので手間がかからず、価値の無い様な車でもいくらかの値段が付きます。
但しその下取り金額は車の状態によっては微々たるものになり、買取専門の民間業者に比べるとかなり低い額となります。また出張サービスが無いので、店舗に来店が必須です。
民間企業は全国チェーンあればサポートが充実しているのでネットですぐに見積もりが取れます。もちろん出張買取もやっているので、自宅にいながら車を売却出来る手軽さがあります。商談がスピーディ、またはアフターサポートが受けられるのが民間企業の大きなメリットです。
しかし車種によっては買取不可、またはディーラーと同じくらいの安い金額で買い叩かれる事もあります。
そして最後に紹介するのが個人売買です。ディーラーや民間業者など第三者を介さずに売買するので、手数料や手間がかからずお互いが連絡を取り合って取引をします。この個人売買の際に必要なステップをお教えします。